規格・クラス参考表

デバイスの規格・クラス参考表です。あなたのデジタルライフにあった規格や容量を検討していただけます。
今お使いのものとの比較もできます。あなたの大切なデバイスに最適なアイテムがきっと見つかります。

容量別保存可能数 / 各規格の容量と対応機器 / スピードクラスの種類

容量別保存可能数

容量によってどれぐらいの量のデータを書き込めるかを示した表になります。
4GB~16GBの製品は低価格で購入しやすいものが多いのですが、フルHD動画で約40分~2.5時間、4K動画ですと5~20分程度しか保存できない為、動画の記録にはあまり適しません。しかし、写真や音楽を保存する場合には十分な容量です。

 4GB8GB16GB32GB64GB128GB256GB
写真 
1000万画素
約800枚約1600枚約3200枚約6400枚約12800枚約25600枚約51200枚
フルHD動画 
1.3Mbps
約40分約1時間
15分
約2時間
30分
約5時間約10時間約20時間約40時間
4K動画
100Mbps
約5分約10分約20分約40分約1時間20分約2時間40分約5時間20分
音楽
AAC128Kbps
(4分/曲)
約1000曲約2000曲約4000曲約8000曲約16000曲約32000曲約64000曲
※:上記の記録可能なデータ量はおおよその目安です。お使いの機器や記録条件によって記録可能なデータ量は変わります。
※:上記の記録可能な曲数は1曲あたり4分としてのおおよその目安です。曲ごとの時間や記録形式によって変わります。

※表が欄より大きい場合は横スクロールができます

 

各規格の容量と対応機器(SD/microSD)

 容量SD
対応機器
SDHC
対応機器
SDXC
対応機器
SD2G
以下
SDHC4G~
32GB
SDXC64GB以上
~最大2TB
※:上記の記録可能なデータ量はおおよその目安です。お使いの機器や記録条件によって記録可能なデータ量は変わります。
※:上記の記録可能な曲数は1曲あたり4分としてのおおよその目安です。曲ごとの時間や記録形式によって変わります。

※表が欄より大きい場合は横スクロールができます

 

スピードクラスの種類

高速タイプのSDカードはデータの読み書きが速く、一眼レフのデジタルカメラで重宝されます。高速タイプのSDカードを使用すると連写速度も上がります。
一方、ビデオカメラは一眼レフデジカメほど書き込み速度を必要としないので、高速のタイプのSDカードよりは撮影時間を左右する容量を重視した方が良いかもしれません。

規格ロゴマーク最低転送速度主な対応機器こんな方に
UHS-I
スピード
クラス
(SD3.0)
U3UHS-I U3に対応した
・4K対応デジタル一眼レフカメラ
・4K対応ハイビジョン対応ビデオカメラ
・4K対応スマートフォン
4K動画や写真を頻繁に撮る方。
U110MB/s以上UHS-Iに対応した
・デジタル一眼レフカメラ
・ハイビジョン対応ビデオカメラ
・スマートフォン
・動画や写真を2週間に1回位撮る方。
・撮った動画や写真をパソコンなどに移動しない方。
※保存容量が大きくなればなるほど高速な製品の方が処理速度が速く便利です。
SD
スピード
クラス
(SD2.0)
Class1010MB/s以上・デジタル一眼レフカメラ
・ハイビジョン対応ビデオカメラ
・スマートフォン
・動画や写真を1ヶ月に1回位撮る方。
・撮った動画や写真をパソコンなどに移動しない方。
Class44MB/s以上・コンパクトデジカメ
・SD画質デジタルビデオカメラ
UHS-I スピードクラス(SD3.0)
U3U1
最低転送速度
10MB/s以上
主な対応機器
UHS-I U3に対応した
・4K対応デジタル一眼レフカメラ
・4K対応ハイビジョン対応ビデオカメラ
・4K対応スマートフォン
UHS-Iに対応した
・デジタル一眼レフカメラ
・ハイビジョン対応ビデオカメラ
・スマートフォン
こんな方に
4K動画や写真を頻繁に
撮る方。
・動画や写真を2週間に1回位撮る方。
・撮った動画や写真をパソコンなどに移動しない方。
※保存容量が大きくなればなるほど高速な製品の
方が処理速度が速く便利です。
SDスピードクラス(SD2.0)
Class10Class4
最低転送速度
10MB/s以上4MB/s以上
主な対応機器
・デジタル一眼レフカメラ
・ハイビジョン対応ビデオカメラ
・スマートフォン
・コンパクトデジカメ
・SD画質デジタルビデオカメラ
こんな方に
・動画や写真を1ヶ月に1回位撮る方。
・撮った動画や写真をパソコンなどに移動しない方
※:上記の記録可能なデータ量はおおよその目安です。お使いの機器や記録条件によって記録可能なデータ量は変わります。
※:上記の記録可能な曲数は1曲あたり4分としてのおおよその目安です。曲ごとの時間や記録形式によって変わります。

※表が欄より大きい場合は横スクロールができます